【文徒】2020年(令和2)3月9日(第8巻43号・通巻1700号)

レノボ・ジャパンNECパーソナルコンピュータ、図書館流通センター、キッズプロジェクトの4社は、4月より小学校でプログラミング教育が必修化されるにあたり、全国でより多くの子どもたちがプログラミング学習に触れる機会を得ることを目的に無償のプログラミング教室「図書館プログラミングワークショップ」を開催する。
この活動は、図書館流通センターが指定管理者として運営する全国公共図書館を会場として開催し、NEC パーソナルコンピュータ、レノボ・ジャパンおよびキッズプロジェクトが講師および教材を提供する。
https://www.trc.co.jp/information/200227_trc.html

◎日経は3月6日付で「アマゾン、シアトル本社で在宅勤務 新型コロナ感染増で」を掲載している。
《米アマゾン・ドット・コムは5日、本社を置く米ワシントン州アトル市周辺で従業員らに在宅勤務を指示したと明らかにした。同市周辺では新型コロナウイルスの感染例が増えており、3日には同社の従業員からも初の陽性反応が確認されていた。同州に本社を置く米マイクロソフトも同様の取り組みを始めており、企業活動への影響が広がっている。》
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56464130W0A300C2000000/

◎学校法人創志学園クラーク記念国際高等学校(北海道深川市)と小学館は、新型コロナウィルス感染症拡大による休校要請を受けて、中学1年から高校入学まで一貫した「基礎力ステップアップコンテンツ(SUC)」の自宅での家庭学習に活用できるスマホタブレット教材を、3月9日14時より無償で開放する。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000589.000013640.html

芥川賞の選考委員に新たに平野啓一郎が加わり、直木賞の選考委員に新たに三浦しをんが加わった。
https://hon-hikidashi.jp/more/103804/

◎マガジンハウスは「anan」編集部による「anan創刊50周年のアニバーサリープロジェクト」として、雑誌「Olive」を1号限りで復刊する。表紙を飾るのは元欅坂46平手友梨奈ジャニーズJr.のユニット・美少年が表紙の「ボーイフレンド版」も発売される。
https://kai-you.net/article/72576

白泉社は「しろくま絵本」シリーズでの柴田ケイコの最新刊「ぽめちゃんとだっくすちゃん」を3月5日に発売する。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000152.000046848.html
絵本は白泉社の大黒柱になるかもしれない。

藝春秋コミック編集部は、山田詠美の短編集「タイニーストーリーズ」を内田春菊によってコミカライズし、3月7日(土)より春オンライン(https://bunshun.jp/で連載開始した。
https://www.atpress.ne.jp/news/207152

鴻上尚史のツイートを読めば演劇関係者が大変な事態に直面していることがわかる。
《知り合いのプロデューサーから悲鳴のような電話。チケットの払い戻しが2億2000万になるという。このまま中止が続けば7億円を超えて、自己破産の可能性も視野に入れていると。「この1、2週間が山場」はいつまで続く1、2週間なのか。》
https://twitter.com/KOKAMIShoji/status/1235956547236188163

東浩紀が期間限定でツイッターに復活した。
《期間限定で復活します。コロナウイルスによる混乱が目に余るからです。》
《ぼくは感染症の専門家ではないので、専門知識がなくてもわかることを書きます。このウイルスは封じ込めはできません。なぜなら無症状者による感染が多いからです。そしてすでにとても多くのひとが国境を超えて行き来しているからです。》
《ではどうしたらよいか。幸い新型ウイルスの致死率は高くありません。であれば、ぼくたちは、そもそも不可能な感染拡大の阻止ではなく、重症患者の命を救うことに集中すべきです。パニックが広がることはその障害となります。したがってパニックを防ぐことにも力をさくべきです。》
《その観点からすれば、小中高の一括休校は否定的な効果が強すぎます。非常事態宣言も同じです。ぼくたちは人々の不安に付け込むポピュリストのパフォーマンスには距離をとるべきです。むろん、日本だけではなく同じ現象が世界中で起こっています。でも、だからこそ、ぼくたちは冷静であるべきです。》
《人類社会はずっと感染症と共存してきました。新興感染症は定期的に現れます。21世紀に入ってもSARS新型インフルがありました。これからも現れるでしょう。そのたびにこのような大騒ぎをするのか。そういう観点から考えねばなりません。》
感染症の拡大を防ぐ、それはだれも反論できない正義です。けれどもそれは同時にまったく無意味な言葉です。なぜならば、極論すれば、感染症の拡大を防ぐためにはそもそも社会が崩壊したほうがいい、ひとはだれにも会わないほうがいいからです。でもそれはできない。だから中間を議論すべきなのです。》
《生きることはリスクとともに暮らすことです。たとえば東京は「今後30年で首都直下地震が起きる可能性が80%」と言われている土地です。それでも1000万人が住んでいる。生きるとはそういうことです。問題はつねに「どこに線を引くか」です。政策が極端であればあるほど支持される状況は不健全です。》
《人々が、もういちど、「そもそも生きるとはなんだったのか」について考え、冷静さを取り戻すことを祈って、この一連のメッセージを投稿します。》
https://twitter.com/hazuma/status/1235516644106989569
https://twitter.com/hazuma/status/1235516734762672129
https://twitter.com/hazuma/status/1235516777137725440
https://twitter.com/hazuma/status/1235516861892059137
https://twitter.com/hazuma/status/1235517145066262528
https://twitter.com/hazuma/status/1235517400008675328
https://twitter.com/hazuma/status/1235517478710566914

◎映画「Fukushima50」について町山智浩が次のように指摘している。
《当時の菅総理福島第一原発に乗り込んだことでベントが遅れたというのは、当時野党だった自民党が流したデマだが、それをそのまま描いている。当時、東電は官邸に情報を上げず、そのことで総理は苛立ち、現場に乗り込んだ。その辺の背景も描かれていない。
https://twitter.com/TomoMachi/status/1236092012878692352

◎タイトルに「系女編集者」という差別的な表現を入れるとこが、女性の取締役が一人しかいない講談社らしいとこである。茂木健一郎が次のようにツイートしている。
《これ、記事の内容は超絶すばらしいのに、「系女編集者」というリード、全く必要ないというか、極めて不適切で、残念な気持ちです。記事内容と「系」「女」全く関係ないでしょう。》
https://twitter.com/kenichiromogi/status/1236139580899786752

◎「BBC NEWS JAPAN」は3月6日付で「東京五輪は新型ウイルスで中止になるのか? BBCスポーツ編集長が解説」を公開している。
《全面中止は一見、問題外の選択肢に思える。その影響は計り知れないだろう。しかし面白いことに、全面中止は思っている以上に、IOCにとって不愉快な出来事とはならないかもしれない。
東京都の契約によれば、大会が中止となった場合、日本の組織委員会は「あらゆる形式の補償や損害賠償、救済措置などを申し立てる権限も、またそうした補償を受ける権利も失う」ことになっている。つまり、東京都は損害についてIOCを訴えることはできないのだ。
IOC自体は、大会が中止となった場合に向けて7億ポンドを備蓄している。これにより、各国のオリンピック委員会や国際的なスポーツ連盟を支援することは可能だ。》
https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-51763747
ニューヨークタイムズ」は3月5日付で「NBC Plans for Tokyo Olympics as Coronavirus Worries Advertisers」を掲載している。この記事によればNBCは東京オリンピックが中止になった場合の検討を始めているようだ。グローバルクライアントはコロナウイルス騒動が終息しないなか、オリンピックを無理に開催すれば、企業イメージがマイナスになると考えているということだ。NBCの圧力によって開催中止に追い込まれるという事態もあり得よう。
https://www.nytimes.com/2020/03/04/business/media/nbc-olympics-coronavirus.html
中止しなくとも、規模を縮小しての無観客オリンピックもあり得るのかもしれない。時事通信は3月6日付で「『無観客の東京五輪を協議 WHO」を発表している。
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、7月24日開幕の東京五輪を無観客で実施した場合のリスクと利点について、世界保健機関(WHO)と各国際競技団体の医療担当者が協議していたことが明らかになった。5日付のニューヨーク・タイムズ紙(電子版)が関係者の話として伝えた。》
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020030601323&g=spo
これがニューヨーク・タイムズの記事である。
https://www.nytimes.com/2020/03/05/sports/olympics/coronavirus-tokyo.html

図書新聞3月14日号で伊達政保が中村桂子の「学生たちの牧歌 1967‐1968」(幻戯書房)を取り上げている。
《他大学と違い昼・夜二つの自治会であり、昼間部自治会多数派のブントは学生大衆(他大学のノンセクトラジカル)党という側面も持ち、中大独立ブントの気風を残していた。出てくる顔触れに思い当たる人々も多い。味さん(三上治)などそのままだし、作者と当時同棲していた薬師神先輩(神津陽)は直接には出てこない。大衆団交の白紙撤回の場面には作者の多くの思いが込められている。指導部と大衆、理念と現実との落差など、その後の全共闘運動の問題点が凝縮されている。しかし明るい闘争を次に伝えるだけではなく、明るく闘争を続けることも重要だと思う。》
http://www.toshoshimbun.com/books_newspaper/week_description.php?shinbunno=3439&syosekino=13447

◎「ダイヤモンド・オンライン」が3月2日付で発表した「安倍応援団の神社幹部が不倫か、神社界揺るがす裁判に影響も」は、「ダイヤモンド・オンライン」のスクープ記事である。
https://diamond.jp/articles/-/230385

◎ヤフーは、「ヤフオク!」におけるマスクの出品を3月14日以降当面禁止することを決めた。
https://www.ryutsuu.biz/ec/m030541.html
メルカリから締め出された「転売ヤー」が「ヤフオク!」に流れていた。
https://news.careerconnection.jp/?p=89017

◎「ITmedia マーケティング」は3月5日付で「なぜ広告は炎上するのか ダイバーシティ(多様性)とSNSの時代の企業コミュニケーション」を公開している。
《メディアといえば4マス(テレビ、新聞、ラジオ、雑誌)しかなかった時代であれば、これらで報道されない限り、私たちは新たな価値観に接する機会がなかった。しかし、SNS時代は生活者の反感がダイレクトに可視化される。評判コントロールの難しさは過去とは比較にならない。》
https://marketing.itmedia.co.jp/mm/articles/2003/05/news070.html

◎「ぴあ」は3月5日付で「コロナウィルスで『007』最新作公開が延期に」を発表している。
《来月に控えていた『007』シリーズ最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の公開が、延期されることになった。
新たな公開日は、イギリスが11月12日、アメリカが11月25日。コロナウィルスの拡大を受けての判断。》
https://cinema.pia.co.jp/news/181862/81892/

◎「Engadget 日本版」は3月5日付で「FacebookがWHOの広告を無償掲載。新型コロナウイルス関連で」を公開した。
ザッカーバーグ氏によると、今後FacebookではWHOの新型コロナウイルスに関する広告を無償で掲載するほか、Facebookで「コロナウイルス」と検索すると、検索結果の上部に専門医療機関のページに誘導するポップアップが出るようになるとのこと。》
https://japanese.engadget.com/jp-2020-03-05-facebook-who.html

-----------------------------------------------------

5)【深夜の誌人語録】

待てば待つほど手遅れになる。