【文徒】2019年(令和元)8月22日(第7巻151号・通巻1571号)

Index------------------------------------------------------1)【記事】最近書店閉店事情2)【本日の一行情報】3)【深夜の誌人語録】----------------------------------------2019.8.22 Shuppanjin1)【記事】最近書店閉店事情松原文光堂書店平野店…

【文徒】2019年(令和元)8月21日(第7巻150号・通巻1570号)

Index------------------------------------------------------1)【記事】津田大介・村山悟郎DOMMUNE対談へ、東浩紀のツッコミ2)【本日の一行情報】3)【深夜の誌人語録】----------------------------------------2019.8.21 Shuppanjin1)【記事】津…

【文徒】2019年(令和元)8月20日(第7巻149号・通巻1569号)

Index------------------------------------------------------1)【記事】文春ジャーナリズムがインターネットで頭角を現し始めた2)【本日の一行情報】3)【深夜の誌人語録】----------------------------------------2019.8.20 Shuppanjin1)【記事】…

【文徒】2019年(令和元)8月19日(第7巻148号・通巻1568号)

Index------------------------------------------------------1)【記事】津田大介が「お詫び」を発表 「表現の不自由展」の何が問題だったのか?2)【記事】「表現の不自由展」余波 貞本義行のツイートが炎上3)【本日の一行情報】4)【深夜の誌人語録…

【文徒】2019年(令和元)8月16日(第7巻147号・通巻1567号)

Index------------------------------------------------------1)【記事】「表現の不自由展・その後」中止事件、いまだ迷走中2)【本日の一行情報】----------------------------------------2019.8.16 Shuppanjin1)【記事】「表現の不自由展・その後」…

【文徒】2019年(令和元)8月15日(第7巻146号・通巻1566号)

Index------------------------------------------------------1)【記事】「百の夜は跳ねて」の古市憲寿を「天空の絵描きたち」の木村友祐が擁護2)【記事】祝!最近書店開店情報3)【記事】東浩紀が「あいちトリエンナーレ」の企画アドバイザーを辞任4…

戦車・戦闘機・潜水艦が跋扈する『はじめてのはたらくくるま』増刷中止 『野菜の本』が健康被害の恐れのある野菜を紹介し回収 正力松太郎と梶山季之の写真を間違えた『週刊現代』 そして誰も責任を取らない講談社!

『はじめてのはたらくくるま』の増刷を中止 講談社から昨年11月に発売された3〜6歳児向け乗り物図鑑『BCキッズ くわしい解説つき! はじめてのはたらくくるま 英語つき』が「増刷中止」に追い込まれた。同書の編集を担当した講談社の子会社たる講談社ビー…

出版の歴史から「美しい顔」を消さないために  第4回

著作権侵害と「盗用」の違いとは? 2019年8月10日、芥川賞を受賞した今村夏子の「むらさきのスカートの女」が全文掲載されている『文藝春秋』9月号が発売された。同時に芥川賞の選考委員による選評も公開されたわけだが、この選評で古市憲寿の「百の夜は…

【文徒】2019年(令和元)8月14日(第7巻145号・通巻1565号)

Index------------------------------------------------------1)【記事】実名報道について考える2)【本日の一行情報】3)【深夜の誌人語録】----------------------------------------2019.8.14 Shuppanjin1)【記事】実名報道について考える朝日新聞…

【文徒】2019年(令和元)8月13日(第7巻144号・通巻1564号)

Index------------------------------------------------------1)【記事】新聞の「明らかにした」報道に異議あり2)【記事】夏の夜の夢に終わった見城徹のツイッター「復活」3)【記事】「表現の不自由展・その後」中止と行政の事なかれ主義4)【記事】…

【文徒】2019年(令和元)8月9日(第7巻143号・通巻1563号)

Index------------------------------------------------------1)【記事】「表現の不自由展」中止、実行委員会と津田大介との"溝"2)【本日の一行情報】----------------------------------------2019.8.9 Shuppanjin1)【記事】「表現の不自由展」中止…

【文徒】2019年(令和元)8月8日(第7巻142号・通巻1562号)

Index------------------------------------------------------1)【記事】「表現の不自由展」中止は「中止」問題における「表現の自由」を検証2)【本日の一行情報】3)【深夜の誌人語録】----------------------------------------2019.8.8 Shuppanjin…

【文徒】2019年(令和元)8月7日(第7巻141号・通巻1561号)

Index------------------------------------------------------1)【記事】「表現の不自由展」中止と芸術監督・津田大介の「当事者性」2)【本日の一行情報】3)【深夜の誌人語録】----------------------------------------2019.8.7 Shuppanjin1)【記…

【文徒】2019年(令和元)8月6日(第7巻140号・通巻1560号)

Index------------------------------------------------------1)【記事】「表現の不自由展」中止をどう考えるか2)【本日の一行情報】3)【深夜の誌人語録】----------------------------------------2019.8.6 Shuppanjin1)【記事】「表現の不自由展…

【文徒】2019年(令和元)8月5日(第7巻139号・通巻1559号)

Index------------------------------------------------------1)【記事】結論は「表現の不自由展」中止!芸術監督は津田大介…2)【記事】「N国党」が参議院選挙で議席を獲得した意味3)【本日の一行情報】4)【深夜の誌人語録】----------------------…

【文徒】2019年(令和元)8月2日(第7巻138号・通巻1558号)

Index------------------------------------------------------1)【記事】セブンペイ終了、ネットの怒りと響き2)【本日の一行情報】3)【人事】マガジンハウス 7月26日付機構改革と人事異動----------------------------------------2019.8.2 Shuppanji…

【文徒】2019年(令和元)8月1日(第7巻137号・通巻1557号)

Index------------------------------------------------------1)【記事】最近書店閉店事情2)【記事】ダルビッシュ有になれない朝日新聞の罪3)【本日の一行情報】4)【深夜の誌人語録】----------------------------------------2019.8.1 Shuppanjin…

【文徒】2019年(令和元)7月31日(第7巻136号・通巻1556号)

Index------------------------------------------------------1)【記事】講談社「はじめてのはたらくくるま」に漫画家が投げかけた疑問2)【本日の一行情報】3)【深夜の誌人語録】----------------------------------------2019.7.31 Shuppanjin1)【…

【文徒】2019年(令和元)7月30日(第7巻135号・通巻1555号)

Index------------------------------------------------------1)【記事】講談吉本興行の「迷走」はまだまだつづく2)【記事】ブロッキング議論が再開される?!3)【本日の一行情報】4)【深夜の誌人語録】----------------------------------------20…

【文徒】2019年(令和元)7月29日(第7巻134号・通巻1554号)

Index------------------------------------------------------1)【記事】講談社「はじめてのはたらくくるま」のどこが偏向しているのか?2)【本日の一行情報】3)【深夜の誌人語録】----------------------------------------2019.7.29 Shuppanjin1)…

【文徒】2019年(令和元)7月26日(第7巻133号・通巻1553号)

Index------------------------------------------------------1)【記事】講談社『はじめてのはたらくくるま』、ついに増刷中止!2)【本日の一行情報】----------------------------------------2019.7.26 Shuppanjin1)【記事】講談社『はじめてのはた…

【文徒】2019年(令和元)7月25日(第7巻132号・通巻1552号)

Index------------------------------------------------------1)【記事】吉本興行 辞めても崩壊、辞めんでも炎上、の域2)【本日の一行情報】3)【深夜の誌人語録】----------------------------------------2019.7.25 Shuppanjin1)【記事】吉本興行 …

【文徒】2019年(令和元)7月24日(第7巻131号・通巻1551号)

Index------------------------------------------------------1)【記事】吉本興行 岡本社長記者会見の無惨2)【本日の一行情報】3)【深夜の誌人語録】----------------------------------------2019.7.24 Shuppanjin1)【記事】吉本興行 岡本社長記者…

【文徒】2019年(令和元)7月23日(第7巻130号・通巻1550号)

Index------------------------------------------------------1)【記事】講談社「からだにやさしい旬の食材 野菜の本」の大失態2)【記事】講談社「週刊現代」が世紀の大誤報3)【記事】多くの新聞社説が京都アニメの放火を取り上げた4)【本日の一行…

【文徒】2019年(令和元)7月22日(第7巻129号・通巻1549号)

Index------------------------------------------------------1)【記事】民放はジャニーズ事務所「忖度」で独禁法違反の恐れあり2)【記事】窮鼠(宮迫博之+田村亮)猫(吉本興業)を噛む!3)【記事】幻冬舎問題を忘れない人々がいる!4)【本日の一…

【文徒】2019年(令和元)7月19日(第7巻128号・通巻1548号)

Index------------------------------------------------------1)【記事】「京アニ」放火殺人、アニメ業界、海外からも悲しみのメッセージが相次ぐ2)【記事】安倍首相演説ヤジの「当事者」がブログ証言。警察発表も変化3)【本日の一行情報】----------…

【文徒】2019年(令和元)7月18日(第7巻127号・通巻1547号)

Index------------------------------------------------------1)【記事】高橋和希のインスタが炎上!ネット民は「言葉狩り」がお好き2)【記事】CBCテレビがツイッターに「不適切な投稿」3)【本日の一行情報】4)【深夜の誌人語録】-----------------…

【文徒】2019年(令和元)7月17日(第7巻126号・通巻1546号)

Index------------------------------------------------------1)【記事】セブン―イレブンの時代が終わった2)【本日の一行情報】3)【深夜の誌人語録】----------------------------------------2019.7.17 Shuppanjin1)【記事】セブン―イレブンの時代…

出版の歴史から「美しい顔」を消さないために  第三回

歴史は「茶番」として繰り返された! 講談社は2018年7月6日付で「群像」の佐藤辰宣編集長名義「『美しい顔』に関する経緯のご説明」なる文章を発表した。三日前の7月3日付で発表した「群像新人文学賞『美しい顔』関連報道について 及び当該作品全文…

『ViVi』自民党タイアップ広告炎上事件と講談社広報室の劣化 「黒幕」渡瀬昌彦常務と「実行犯」乾智之広報室長の責任を問う

『週刊文春』が「ViVi炎上の裏に甘利明と講談社の〝なかよし〟」を掲載! 『週刊文春』6月27日号は「ViVi炎上の裏に甘利明と講談社の〝なかよし〟」を掲載した。記事には匿名ではあるが、複数の「講談社社員」による証言が収められている。こんな具…